鋼球の種類にはどのようなものがあるのか

鋼球、またの名をスチールボールと呼ばれているこの球はいろいろな用途で使用されています。特に多いのはベアリングであり、そこで使われている鋼球にはクローム球とカーボン球の二種類があります。材質の違いによって種類分けされているのです。

クローム球というのは耐摩耗性が大きいのが特徴となっており、さまざまな産業機械の回転部分に用いられています。
一方、カーボン球というのは自転車用のハブやキャスター、パチンコ球、ローラーなどに用いられています。このような二つの種類の鋼球が存在しているのです。

また、鋼球にはさまざまなサイズのものがあります。それは寸法表によってそれぞれのサイズの標準品が決められています。
さらにはいろいろな精度の商品も存在しているのです。精度についてはJIS規格によって定められています。

スチールボールを発注する場合には、おおまかな種類だけではなく、サイズや精度などについても注文をすることになります。使われる用途によって、どの種類のスチールボールが適しているのかは異なっているのです。
スチールボールを扱っている業者はそのような要求に柔軟に対応することが求められています。さまざまなタイプのスチールボールに対応しなければいけないのです。